カルテをそのまま入力

紙のカルテと同様の柔軟性

医療行為をそのまま入力すると、ドクターさんが自動的に請求の世界に変換し、丸めや加算を含めた会計計算を行います。ドクターさんは、カルテに記入するのと同じように画面に入力するだけで、診療記録を残すと同時に請求計算ができます。

ペンで自由に絵を描くことができます。描画ソフトを別途使う必要はなく、カルテ画面全面の任意の位置に描けます。薬処方の上にかさね書きもできます。画像、音声、ビデオをカルテ画面に貼り付け保存もできます。紙のカルテで可能なことはすべてできるばかりか、それ以上の「やわらかさ」を持っています。(ペンを使わずに、マウスで操作することもできます)

まずドクターさんに入力

あとでカルテに追記印刷

データは安全に永久保存し

徹底的に再利用

ドクターさんに入力されたカルテ内容を、紙のカルテに印刷することができます。しかも、預金通帳の記帳のように、前回印刷された位置から自動的に追記印刷するので、無駄な空白部分を作りません。ある患者の全ページの再印刷や、任意のページだけの再印刷もできますので、効率よくコンパクトに長期にわたるカルテを管理、保存できます。また、データの修正、削除の履歴をすべて残すこともできますので、改ざんチェックもできます。

ドクターさんに一度入力するだけで、レセプト発行、処方箋発行、患者管理、患者検索、在庫管理、オーダリングなどすべての業務にデータが再利用されます。このため、院内の事務作業の大きな部分を占めるデータ入力工数をミニマムにできるばかりでなく、重複保存によるストレジの無駄遣いや、再入力による間違いを極限まで減らすことができます。しかも、患者さんの診療データを永久保存します。DBレプリケーション機能も持っていますので、長期にわたる医療データを極めて安全に保管できます。

診療テンプレートを活用して高速入力

直感的で高速な入力操作

観察や判断の手順を、テンプレートとしてそれぞれのドクターに合わせて独自に登録できます。診察時には、そのテンプレートを使うことにより、紙に書くよりも高速に入力することも可能になります。さらに、登録されたテンプレートはXML形式のテキストファイルとして外部に取り出すことも、外から読み込むこともできるので、他のドクターと交換も

すべてのカルテ入力は、メニューから選択することにより可能です。また、薬剤などは「読み」で検索してカルテ画面に転記することができます。操作する上で暗黙の知識はほとんど必要がないため、特別な訓練をしなくてもドクターさんを使い始めることができます。また、任意の診療日からのDO入力や、セット入力、セットの中からさらに項目を選択して入力する、など種々の場面にあった入力方式が用意されているだけでなく、DOやセットで入力してから一部修正/追加するような柔軟性をもっています。(事務員専用のコード入力方式もよういされています。)

治療テンプレートを使った入力